これからお母さんになる方へ~マタニティ歯科~

TOP > これからお母さんになる方へ~マタニティ歯科~

妊娠中はお口のケアが大切です

妊娠中はお口のケアが大切です

妊娠中は、ホルモンバランスの崩れやつわりによるブラッシング不足から虫歯や歯周病になりやすくなる時期です。そのため、普段以上にお口のケアをしなくてはいけません。勝どき・月島の歯医者「ミモデンタルクリニック」では、妊娠中でも健康なお口を維持していただくために、妊婦さん向けの歯科治療「マタニティ歯科」を行っています。

妊娠性歯周炎のリスク

妊娠性歯周炎のリスク

妊娠中にかかる歯周病のことを「妊娠性歯周炎」と呼びます。妊娠性歯周炎は、低体重児出産や早産になる確率を高めると言われています。健康な赤ちゃんを生むために、妊娠性歯周炎をきちんと予防しましょう。

妊娠中は歯周病にかかりやすくなる!

妊娠中は女性ホルモンの分泌が増加します。この女性ホルモンは歯周病菌の好物であるため、歯周病を発症しやすくなってしまうのです。

治療を受けるタイミング

出産後は育児に追われなかなか自分の時間がもてません。現在、虫歯や歯周病のある方は出産前に治療されることをおすすめします。当院では、妊娠の段階に応じた処置を行っています。

妊娠初期

安定期を迎える前の時期です。無理に治療を受けると切迫流産になる恐れもあります。痛みが激しい場合でなければ、治療は避けた方がいいでしょう。

妊娠中期

つわりも収まり安定期に入ります。一番治療を受けやすい時期です。痛みなどがなくても予防歯科を受けるようにしましょう。

妊娠後期

いつ陣痛が起きてもおかしくない時期です。お腹が大きくなり患者様の負担も大きくなるので、この時期までには治療を終わらせる、もしくは産後の治療をおすすめします。

妊娠中の歯科治療Q&A

※質問をクリックすると回答が出ます。

妊娠中にレントゲンを撮っても大丈夫ですか?

当院では、放射線量の少ないデジタルレントゲンを採用しています。加えて、防護エプロンを着用していただきますので、赤ちゃんへの影響はほとんどありません。安心して治療を受けてください。

麻酔治療は可能ですか?

当院では、赤ちゃんへの危険がほぼない局所麻酔を使用しています。治療の痛みによってお母さんがストレスを感じると赤ちゃんにも悪影響を及ぼしますので、無理せず麻酔をご利用ください。

妊娠中に親知らずの抜歯はできますか?

親知らずの治療後は、状態によって投薬が必要になります。妊娠中の投薬は控えたほうがいいため、出来る限り抜歯は避けましょう。当院では、消毒などで親知らずの悪化を防ぐ処置を行います。親知らずが痛んだら早めにご相談ください。

親の虫歯は子供に影響しますか?

虫歯になりやすい体質はお子様にも遺伝することがあります。しかし、なりやすい体質の方でも日々のケアで防ぐことは可能です。甘い物の与え方や仕上げ磨きの習慣などを考えるようにするとよいでしょう。当院でもアドバイスさせていただきます。

お子様を歯医者嫌いにさせないためのコツはこちらからご覧ください